« 観客の感想文から その4 | トップページ | 野の花のように »

2019年8月30日 (金)

令和元年 劇団やませ本公演

ー木村靄村生誕120年記念ー 『 野の花のように 』  作・演出/佐々木功

2019年11月20日(水)昼夜二回公演 開演 昼13時 夜18時半(開場は開演の30分前)

於・八戸市公会堂文化ホール(八戸市公民館ホール)

【出演】佐々木功・小泉宜紀・大舘登美子・清水麻知子・村下直光・高森恵子

【スタッフ】照明:市川博之 衣裳:高森恵子 舞台監督:工藤正明 大道具:福士善秋 宣伝美術:大舘登美子 デザイン:安達良春 制作:福士政子

入場料:一般/2,000円(当日300円増)中高生/600円(当日100円増) 未就学児のご入場はご遠慮下さい。

 

階上村鳥谷部で生まれた木村忠蔵は昭和2年小中野町に書店を開いた。短歌に出会いアララギに入会、歌に情熱をかたむけた。号を木村靄村という。

 

劇団やませのホームページ http://yamase.mimoza.jp/

 

« 観客の感想文から その4 | トップページ | 野の花のように »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 観客の感想文から その4 | トップページ | 野の花のように »